« 風邪っぴき | トップページ | とりあえず1年 »

メンズデーもあればいいのに

風邪っぴきにもかかわらず、9日の夜、会社帰りにカラオケ屋・池袋パセラに寄ってきました。
毎年、旦那は高校の仲間と新年会を行っています。
つーか、1年に1度、高校の仲間と集まれるのが、この新年会だけ。
大抵は3が日に行ってましたが、今年は都合が合わない。
成人の日は3連休なんだから、ここでやれば~と提案して9日になった次第。
幸い、9日は私も早番だったし、10日は休みにしていたから、今年は顔を出せるかな~と思っていたら、風邪。
まぁ、復調してきたことだし、翌日休みだし、帰り道にあるんだからと顔を出してきました。
何よりも、久しぶりにパセラの飯を食いたかったんです。

さて、そこでの話。
夫の高校時代の仲間と言うのは、医者やら自衛官やら大手企業勤務やらと、真っ当な道を歩いている方ばかりですが、所詮は類友。
漫画やアニメや特撮が好きだった連中ばかり。
オタクとは言い切れないまでも、今も愛好している人も多いわけ。
ましてや、高校時代の頃には『銀河鉄道999』を観に行っていたり、中学時代『宇宙戦艦ヤマト』を大行列して観に行ってる方も多い。

で、フッと仲間のひとりが言いました。
「SPACE BATTLESHIPって、どうなんだろう?」
うちの夫婦は初日に観て感動した口ですから、もちろん「観に行って後悔ないよ」と言いました。
「アナライザー出てるのかな?」
これに対しては、笑うのみで……。

ここから、大ネタばらしに入ります。
一応、PCでは読みにくいよう操作しておきますが、これから『ヤマト』を観る予定の方は読まない方がいいですよ。

今回の実写版『ヤマト』
往年のファンが一番感動するのって声優陣の起用だったと思います。

アナライザー出てますよ。
それも、最初は「えー、こういう形になっちゃったの?」そういう気持ちを抱くんです。
けど、後半で「うわ~、こういう形になったんだ!」そういう感動を与えてくれる作りになってました。

ナレーションはささきいさおさんがやってます。
ささきいさおさん、もしかしたら、今の方が声の響きが素敵かもしれません。
会社の同僚は、ささきさんのナレーションを聞いた段階で涙ぐんだと言ってました。

ささきさんの奥様、上田みゆきさんも出ています。
今回の映画にはスターシャはいません。
が、スターシャに当たる存在がいます。
元は平井道子さんが演じていましたが、平井さんが亡くなられた後、ゲーム等でスターシャ演じていた上田さんの起用。
上田さんは、見事なオーバーロードの声を発声されてました。

そして、伊武雅刀さんも出ています。
ええ、デスラー出ているんです。
青い顔の宇宙人が出てきたら、ギャグだな~と思っていましたが、そこは実に美味い形で描かれてました。
また、伊武さんは、声だけの出演ではなく、パンフで知ったことですけど、モーションキャプチャーでも参加もされてました。
そして、お声の方は、元のデスラー以上のオーバーロードとしての存在感で、凄まじい感動と恐怖を与えてくれました。

閑話休題。
夫は、高校時代の仲間だけでなく、何人かの仲間に「いいよ~」と言ってるんですが、薦めても観に行く人がいないようです。
私の方は女性に薦めているせいか、結構、観に行ってくれた人が多い。

女性の場合、水曜のレディスデーに行けば1000円で観られます。
1000円だったら、少しくらいハズレでも許せる、そういう気持ちで気楽に映画館に足を運べますからね。
男性の場合、映画の日や、映画館チェーンの安い日サービスを調べておかないと1000円で観るチャンスがない。
まぁ、うちの旦那の高校時代の仲間であれば、奥さんが一緒に行ってくれれば「片方が50歳過ぎてる夫婦2人で2000円サービス」で観られるだけど……。
大抵、映画ってのは奥さんが主導権を握っていて、旦那の観たい映画に行けるとは限らないし……。

男性陣にも映画を安く観られる曜日を設定すればいいのに。
レイトショーサービスもありますが、この曜日は安く観られるって決まっていたら、もっと男性も行きやすくなると思うんです。

もっともそうなったら、その曜日は女性が行きにくくなっちゃうかな?
けど、そういう工夫があってもいいんじゃないかしら?

|

« 風邪っぴき | トップページ | とりあえず1年 »

映画・テレビ」カテゴリの記事